MENU

便秘改善の効果を高める青汁の飲み方とは?

睡眠前の摂取で便秘改善の効果をパワーアップ

 

便秘を解消のために青汁を飲むのであれば、タイミングを睡眠前に持ってきましょう。人間の体のサイクルとしましては、朝は出すことに力が注がれる時間帯ですそのため、眠る前に飲んでおくことで、胃腸は動かされることになりますし、朝のすっきりを目指すことになります。

 

たっぷりの食物繊維を含んでいますので、朝の快便には役立つこととなりますから、毎日飲むのであれば、お休み前の習慣にしましょう。眠る前といっても直前ではなく、眠ろうとする30分から1時間ほど前に飲んでおくのが、ちょうど良いタイミングになります。

ヨーグルトと青汁を混ぜて摂取をしてみよう

 

便秘解消効果をパワーアップさせるのでしたら、腸内環境をよくすると定評のある、ヨーグルトに混ぜて、一緒に摂取をしてみましょう。乳酸菌を豊富に含んでいますし、便通を解消するには乳酸菌は大活躍をします。腸内には悪玉菌もいて、乳酸菌がその悪玉菌を退治してくれますので、乳酸菌の力もプラスするのです。

 

人間の腸内には常に両方の菌が存在をしていて、善玉菌と悪玉菌がバランスよく維持されています。2つの勢力のパワーが、バランスを保って拮抗している状態だといいのですが、悪玉菌が強くなってバランスが崩壊してしまうと、悪玉菌の天下となって、腸内が荒れることとなります。

 

悪玉菌が優位になってしまうと、腸の働き事態が低下しますので、便通が悪くなるわけです。